Color Of Hers

by IMARi ToNES

/
1.
06:07
2.
3.
06:52
4.
03:47
5.
03:59
6.
03:20
7.
03:42
8.
04:12
9.
10.
05:12
11.
05:59
12.
13.
03:38

about

This is 9th recording effort by Imari Tones and also 3rd of the 4 albums Tak did in 2005 mostly by himself. This is a classic hard rock record and Tak tried to make this record in 1970's way. Surprisingly, most of the songs in this record are the songs Tak wrote in his highschool days. Regardless the fact, some people (and some music critic) say this is the best Imari Tones' album out of first 10. (Our first 10 albums are recorded independently, and sung in Japanese language.) So here is a Teenage Rockn'Roll by a Japanese local boy. Somewhere between Led Zeppelin, Queen, Van Halen, Nirvana, and Japanese Rock. All songs are sung in Japanese. Album cover is a picture of Imari (Tak's wife), from her back, showing her natural brown hair color, which is unusual for a Japanese girl. Tak's favorite color is Red, Imari's favorite color is Blue, and Imari Tones is a music which has never been born if we didn't meet each other in our highschool days.

credits

released January 1, 2006

Produced by Imari Tones

tags

license

all rights reserved

feeds

feeds for this album, this artist

about

IMARi ToNES 東京都, Japan

IMARi ToNES is a Christian rock band from Japan. They call themselves "the first Christian heavy metal from Japan". They mostly play 1980's styled, old school heavy metal music.

contact / help

Contact IMARi ToNES

Streaming and
Download help

Shipping and returns

Redeem code

Track Name: I
鉛色の空の下 肌を刺す寒さの中
あの日君はやってきた 全てを知っていたかのように
誰よりそばにいながら 君を遠く感じてた
運命と知っていたかのように 僕は君を抱き寄せた

遠く遠く 見つめてる 強く光る そのまなざしで
君は見てる 僕の見るものを 僕は見てる 君だけを
遠く遠く 離れても 強く強く 呼び合うさ
僕らの中 秘めた奇跡が すべて越えて 今二人

あの日2人は見たのさ 結ばれゆく時間を
2人並び立っている 僕らはひとつの命
あの日2人は見たのさ 秘められたその奇跡を
2人いつも感じてたそれは 紛れも無い真実さ

遠く遠く 見つめてる 強い瞳 何も恐れず
秋の色の 髪をなびかせ 僕とともに 君はいる
強く結ぶ その唇で 何を語り 何を求めるの
君は見てる 僕の見るものを 僕は見てる 君だけを

ソロ

ずっとずっと 呼び合うさ どんなときも 離さない
僕ら2人 感じるものを 僕はきっと 信じるよ
遠く遠く 見つめてる 強く光る そのまなざしで
君は見てる 僕の見るものを 僕は見てる 君だけを
Track Name: Break Through
あたりまえのことだけど できないこともあったさ
後ろを振り返らずに 困難に立ち向かうこと
ほんの小さなことでも 不安がつきまとうのさ
つまづくことを恐れては 歩くことさえできはしないよ

あたりまえのことだけど できないこともあるのさ
きっと生きてくためには 乗り越えなきゃいけないこと
たぶん誰も彼もが それぞれにぶち当たってる
立ちはだかる壁を前にして 逃げ出すかどうかはそう君次第さ

そうあの頃無邪気な僕は そんなことなど気にもしなかった
がんじがらめになってたものを その手でほどけばいい

Oh 時は戻りはしないから 回り道などしたくはないよ
Oh おそれることは無いから そのまんまの君でいいさ
まっすぐにつきぬけろ Break Through

難しすぎることだけど 考えることもあるさ
すべてを置き去りにしても 自分を信じ生きること
どんなに小さなことでも 投げ出せないものなのさ
ぶつかることを恐れては 歩くことなどできはしないよ

もしあの頃に戻れるのならば そんなことなど 気にもしないだろう
形の無い思い込みの鎖を その手でほどけばいい

Oh 時は戻りはしないから 後悔などしたくはないよ
Oh おそれることは無いから そのまんまの君でいいさ
まっすぐにつきぬけろ Break Through
Track Name: Omoi
立ち上がることさえ できない僕だけど
ほんの小さな この僕だけれど
僕の思いは空を翔ける

地を這うことしか できない僕だけど
今は何にも できない僕だけど

思いは空を翔けるよ

Ah とびたつのさ この大地を どこまでも高く高く
Ah かけめぐるよ 広い空を どこまでも自由に
Ah 拡がってく 光のように 限りなく拡がってく
Ah 昇ってくよ たった一人 どこまでも
高く 遠く 空の ずっと 果てまで

今は弱くて 醜い僕だけど
悲しいことしか 知らない僕だけど
僕の思いは空を翔ける

力も愛も 持たない僕だけど
今は何にも 持たない僕だけど

思いは空を翔けるよ

Ah はばたくのさ 全て捨てて どこまでも強く強く
Ah かがやくのさ 広い空で どこまでも自由に
Ah 熱く燃える 星のように 限りなく熱く熱く
Ah 昇ってくよ たった一人 どこまでも
高く 遠く 空の ずっと 果てまで
Track Name: Osekkai
わかってる そう僕はおせっかい
いいじゃない それが僕さ
どこでも ほら首をつっこむさ
好奇心がさわぐから
気を付けな 僕はプロのおせっかい
そうやって生きてきたのさ
何にでも ほら首をつっこむさ
面白そうなことになら

スマートに したたかに それが美学 プロの美学
へこたれない あきらめない 迷惑かけない 必要以上は

わかったろ そう僕はおせっかい
いいじゃない 楽しいものさ
礼儀だって わきまえているんだぜ
君をイライラさせるため
気をつけな 僕はプロのおせっかい
そうやって生きていくのさ
何にでも ほら首をつっこむさ
面白そうなことになら

さり気なく ずうずうしく それがテクニック プロのテクニック
不幸にしない 幸せにする キレイにする 手をつけた以上は

きみの アタマに もぐりこむよ
きみの ココロに もぐりこむよ
きみの カラダに もぐりこむよ
きみの すべてに もぐりこむよ
どこへだってもぐりこむさ!
Track Name: Samurai Kids
Oh Go Samurai Kids

ちょっとみんな来てみなよ 川を渡って来てみなよ
丘を越えたその向こうに 初めて見るものがあるだろう
ちょっとみんな来てみなよ あいつに触ってみないかい
かみつかないと思うけど 血を流すことも悪くないだろ

枝は少し高いけど のろまでなけりゃ大丈夫
裸足になって登ろうよ サルになって登ろうよ
段々空が近くなる 下は見ない方がいいぜ
壁をひとつ壊す度に 世界がほら広くなる

深呼吸 そしたらまた始めよう
深呼吸 そしたらもっと高く飛ぼう
Athletic とりあえず力たくわえて
Athletic そしたらもっと上を目指そう

ちょっとみんな来てみなよ 泥にまみれて来てみなよ
丘を越えたその向こうに 知らない何かがあるだろう
ちょっとみんな来てみなよ あいつを口にしてみないかい
ちょっと危険な気もするが 誰にも見つからないだろぜ

辺りは少し暗いけど 臆病者にゃならないぜ
裸足になって歩こうよ 気の向くままに歩こうよ
虫食い穴も多いけど 気にしてなんかいられない
Kocoroの奥踏み込む度 勇気がひとつ手に入る

深呼吸 そしたらまた始めよう
深呼吸 そこからもっと高く飛ぼう
Athletic あれこれ考えること止めて
Athletic そしたらもっと自由になろう

フィジカルな衝動に 理由などいらない
野生に目覚めよう 君と二人 Oh Oh
Track Name: Teishokuya
商店街の定食屋
安くてうまくて量多い
マーボー定食食いたくて
今日も勇んで出かけたよ

そしたら
本日 本日 定休日
本日 本日 定休日
昨日も一昨日も定休日
明日も明後日も定休日
あれあれ

商店街の定食屋
おばちゃん陽気で大盛りよ
トンカツ定食食いたくて
今日こそ勇んで出かけたよ

そしたら
品切れ 品切れ 売りきれよ
品切れ 品切れ 売りきれよ
納豆定食以外は売りきれよ
ヤマヤマヤマヤマ売りきれよ
しょうがないから店を出て
とぼとぼとぼとぼ歩いたあるよ

商店街の定食屋
安くてうまくて量多い
必須アミノ酸とビタミンの
なにげに隠れた宝庫だよ

必須アミノ酸
しじみの味噌汁
タウリン配合
繊維も豊富
スロウフード スロウフード 庶民の味方

商店街の定食屋
安くてうまくて量多い
焼きナス定食食いたくて
今日も勇んで

食中毒で営業停止!?

今日は自炊じゃあ。
Track Name: Hidamari
言葉に身を任す
記憶の海へと
光さす方へと
あの日の日溜まりへ

誰かが呼んでるよ ほら
なつかしい人たちが

かすかに聞こえるよ ほら
僕らを呼ぶ声が
Track Name: Jibun Theme
Hey, you! どこを見てるの オイラを見なよ 絶好調さ この通りね
You! そんな顔して 景気悪いぜ ハデにやろうよ この通りさ

型にハマってしょげ込むなよ そのまんまが一番Coolさ
So, come on, boy!
Oh どこまで行ってもキリは無いから 忘れちまえよ
てめえのその本当の姿を一番好きになればいのさ
So, come on, boy!

得意顔で歩こうよ 街の光すべて浴びて
あふれる自信止まらない 誰も君を潰せないさ

Hey, you! 調子はどうだい みんな元気かい それはよかった サイコーじゃない!?
You! 楽しいことが 一番なのさ 何はなくとも サイコーじゃない!?

いつも心にお花畑さ 細かいことは気にしたくないよ
So, come on, boy!
Ah そんなに簡単に譲るものじゃない 自分自身は
てめえの歩いてきたその道を一番好きになればいいのさ
So, come on, boy!

自分のうたを歌おうよ 誇り高きてめえの歌を
その手につかんだ答を 誰も奪えはしないさ
Track Name: Hitorini Naranaide
突然に 訪れる 失った時の 痛み
訳もなく 叫びだす 心が止まらないの

誰も傷つかずに 生きてゆけない
雨の中 火を灯し 泣きながら歩いてくの

一人にならないで ×3
あなただけが悪いわけじゃない 自分の弱さ許してあげて
一人にならないで ×3
あなただけがつらいわけじゃない 苦しみを隠さないで

誰にでも 訪れる 胸を刺す愛の 痛み
苦しくて 泣きたくて どうにかなりそうなの

人は誰でも 血を流すもの
雨の中 火を灯し 祈りながら歩いてくの

一人にならないで ×3
あなただけが悪いわけじゃない 自分の弱さ気づいてあげて
一人にならないで ×3
あなただけがつらいわけじゃない どうか目を背けないで
Track Name: Glidin'
風を受け止めて 銀のつばさ 空に惹かれて 青く光る
夢を受け止めて 銀のつばさ 海を映して 青く光る
振り払ってく 重力の糸 未知の動力と スピード連れて
断ち切っていく 重力の鎖 そして自由な 旅人となる

空と海と 雲と大地に 恋をした 生き物だから
生きてくことは 空をゆくこと 全てのものを 感じられるから

Glidin' in the sky 青い光よ
Glidin' in the sky 追いかけて
Glidin' in the sky 星を目指して
Glidin' in the sky 駆け昇ってゆく
熱く 心 燃やし 鎖 断ち切って 今 飛び出していくよ

水中深く 銀のつばさ やさしさ求め 青い海へ
流星となって 銀のつばさ そして自由な 旅人となる

光と影と この地球に 恋をした 生き物だから
生きてくことは 駆け巡ること 自由な命 感じられるから

Glidin' in the sky 刻む命よ
Glidin' in the sky 恋焦がれ
Glidin' in the sky 星を目指して
Glidin' in the sky 駆け昇っていく
熱く 心 燃やし 鎖 断ち切って 今 旅立っていくよ
Track Name: Magic
ねえ Magicを知ってるかい 誰でもできるMagic
だから Magicを知ってるかい 僕の得意なMagic
君もためしてみないかい とてもカンタンなんだよ
いつでもどんなとこでも 最高の気分になれるよ
タネを教えてあげるから 僕についておいでよ
怖がらなくていいから とにかくついておいでよ

秘密は僕の胸の中 キセキは君の瞳の中
世界中に溢れてる ステキにチャンネルを合わせようよ
楽しみは僕の指の中 快楽は君の体の中
世界中のステキを 次々に食べていこうよ

よろこびにキッス 道行く人に投げキッス
しあわせにキッス 神様にも投げキッス
よろこびにキッス 一番好きな君にキッス
しあわせにキッス すべての人に
キスとMagicの花束を×3 
ねえ信じられるかい あとは君次第さ

ねえ お楽しみを知ってるかい すぐそばにあるお楽しみ
だから お楽しみを知ってるかい 大好きなお楽しみ
君もためしてみないかい とてもカンタンなんだよ
いつでもどんなとこでも 最高に気持ちよくなれるよ
お楽しみを知ってるかい 誰でもできるお楽しみ
お楽しみを知ってるかい とっておきのお楽しみ
僕とためしてみないかい 今すぐためしてみないかい
タネを教えてあげるから 僕についておいでよ

愛なら僕の胸の中 夢なら君の瞳の中
体中に溢れてる ステキな情熱をぶつけようよ
楽しみは僕の腕の中 快楽は君の口の中
世界中のステキを 次々に食べていこうよ

よろこびにキッス 道行く人に投げキッス
しあわせにキッス 神様にも投げキッス
よろこびにキッス 一番好きな君にキッス
しあわせにキッス すべての人に
キスとMagicの花束を×3 
ねえ信じられるかい あとは君次第さ
Track Name: Koi Ha Kowaiyo
恋はコワイよ とてもコワイよ みんなは欲しがるけれど
恋はコワイよ とてもコワイよ うかつに手を出しちゃイケナイ
恋はヤバイよ かなりヤバイよ みんなは欲しがるけれど
恋はヤバイよ かなりヤバイよ 君の後ろにほら忍び寄る
ああどうしようもないくらい

あの子のことしか考えられなくなるね
いくらイヤだと思っても あの子の方へ引き付けられていくのさ Hey

恋はコワイよ とてもコワイよ

恋は危険さ とてもキケンさ みんなは欲しがるけれど
恋は危険さ かなりキケンさ 自分でも止められないよ
恋はイタイよ とてもイタイよ 心も体も何もかも
恋は苦しい とても苦しい よろこびとおんなじくらい
ああどうしようもないくらい

いつも一緒に居ないとダメな体になってしまうよ
たとえほんの少しでも 離れていると死にそうに苦しいのさ Hey

恋はコワイよ とてもコワイよ